Dhamma Pīti Sukha An
こちらは「法喜楽庵」の公式ウェブサイトです。
法喜楽庵は、初期仏教、瞑想法、臨床心理学を統合した独自のダンマ・セラピーを行っています。自分の生き方を見つめ、ダンマ(ブッダが発見した宇宙の法則)に照らして解決法を見いだし、ひたすら実践するならば、人生は好転し、問題は解決に向かうでしょう。そして生きる道を見いだし、自信をもった生き方ができるようになると思います。個人セッション(カウンセリング、瞑想指導、ヒーリング、ソマティックスなど)、瞑想会、リトリート(瞑想集中合宿)、講座、講演、書籍等によってサポート・情報提供しています。皆さまの苦しみが確実に減り、幸せが増すためのお手伝いをいたします。
※当所はいかなる宗教団体とも無関係であり、学術的・公共的スタンスを保持しています。
  
行者(初期仏教・修験道)・相模女子大学教授・臨床心理士・公認心理師
石川 勇一
 

法喜楽庵/法喜楽堂のご案内

 

施設(場所) 主なプログラムと日時 内 容
法喜楽庵(対面)
(東京都町田市)


<個人セッション>
月・土曜の14時~20時(要予約

1~3はZOOMによるオンラインで・セッションも可能です。 
 1.カウンセリング 自分に合ったよりよい生き方の実現(自己実現)
心の浄化と成長、真理の探究、
ブッダの智慧に基づくダンマ・セラピー、スピリチュアルケア
人間関係、性格、心の病、心理的症状、不適応等の改善を援助
 2.瞑想法  心の健康法/悟りへのブッダの修行法
(各種サマタ瞑想、ヴィパッサナー瞑想、マインドフルネス瞑想)
 3.ヒーリング   手当てによる心身の癒やし/エネルギーの調整
 4.臨床動作法  動作による緊張緩和(自己弛緩)/タテ軸をつくる(自立)
 5.箱庭療法  自己表現による心の変容/深層心理への働きかけ
 その他 各種ソマティックスなど
ハイフレックス
相模女子大学831教室

or
オンライン参加
選択可能

<ワークショップ>
瞑想会(対面+ZOOM)
2024年3月10日(日)
11:00~15:00頃
各回11:00~15:30頃

(要参加予約)
申込フォーム


各種瞑想法の指導・実習
(心身の健康増進と回復から悟りまで)
ダンマの学習
シェアリング
※対面参加かオンライン参加が選べます。
法喜楽堂
(山梨県山中湖村)


<ワークショップ>
瞑想リトリート(集中合宿)
「瞑想法基礎徹底リトリート」4days
2024年5月3日(祝・金)~6日(祝・月)
満員御礼。キャンセル待ちのみ受付中

参加者体験記 2023.9.3更新!

各種瞑想法の指導・実習
(心の健康法から悟りまで)
スマホ断ち+沈黙の行
アーナーパーナサティ16step・歩く瞑想・食べる瞑想
山の瞑想・法螺貝ワーク・止観瞑想
瞑想のためのヨーガ
ダンマの学習・チャンティング(初期仏教中心)
法談義・シェアリング

セラピスト
ファシリテーター
石川勇一 プロフィール
(臨床心理士、公認心理師、
行者、相模女子大学教授)
ご予約方法はこちら
houkiraku(アットマーク)ahr.sakura.ne.jp
※ZOOMでの個人セッションも可能です。

 

 お会いできますご縁に感謝します。

 

法喜楽庵代表 石川勇一
 

新著紹介

 

『ブッダの瞑想修行:ミャンマーとタイでブッダ直系の出家修行をした心理学者の心の軌跡』(サンガ新社)目次
 
はじめに 
第1部ーミャンマー短期出家編
第1話ー日本にて ~ダンマとの出会いから出国まで 
第2話ーミャンマーにて ~僧院での出家修行のはじまり 
第3話ー僧院にて ~修行仲間とパオ・メソッドの瞑想法 
第4話ー瞑想修行の実際 ~的確な指導と瞑想の進捗
第5話ー還俗 ~聖なる日常から俗なる日常へ

第2部ータイ短期出家編
第1話ータイでの再出家に至るまで
第2話ー編み出した修行の要諦
第3話ー出国、出家の手続き
第4話ータイ森林僧院の出家生活と先輩比丘
第5話ー深い平安を感じる修行生活
第6話ー修行の深まり
第7話ー短期出家修行の最終段階
第8話ー在家修行者としての生き方

第3部 ブッダの教えを正しく理解するための基本用語解説
 
おわりに (全312ページ)

 

Sunrise in Myanmar


 

法喜楽庵/法喜楽堂の活動の概要

 法喜楽庵(東京都町田市)/法喜楽堂(山中湖村)では、臨床心理士、公認心理師による個人セッション(カウンセリグ、心理療法、ヒーリング、瞑想指導、臨床動作法、箱庭療法、ダンマ・セラピー、スピリット・センタード・セラピー等)、ワークショップ(瞑想会、瞑想リトリート、等)、動画講座(初期仏教による瞑想法、ブッダのオリジナルの教え〔ダンマ〕)、心理・霊性・初期仏教に関する情報提供(イベント、動画、エッセイ、論文等)を行っています。
 

  • HOME