• HOME
  • >
  • 部屋の写真

メイン・セッション・ルーム

法喜楽庵は、「いるだけで癒される」理想の部屋を追求してつくりました。ゆったりした広さの部屋に、床はミディアムブラウンの柔らかいパイン無垢材が一面に敷き詰めら、壁はクリーム色の珪藻土が塗られています。防音工事が施されているので、街中でありながら部屋の中は一定の静寂さが保たれています。モミの木の柱や、丸太のテーブル、エゴノキの小柱、栃の木のテーブルも、柔らかい肌触りと、暖かい雰囲気を演出してくれています。心を癒やし、自分に向き合えるよい場になるように、つねに清められた部屋になっています。
 
*珪藻土とは、珪藻(植物プランクトンの一種)の死骸が海底や湖底で、
長年を経て岩石化したものを砕いたものです。珪藻土は、自然素材の多孔質(無数の小さな穴があること)のため、調湿性、断熱性、遮音性、防火性、脱臭性などに優れており、呼吸する壁ともいえます。珪藻土による壁は、有害な有機化合物(VOC)を吸着し、シックハウス症候群や、ダニ・カビによるアレルギーやアトピーを防ぐ効果があるとされています。法喜楽庵では、北海道稚内産の質のよい珪藻土を使用しています。
 
 

待合室・箱庭療法室

 . 

法喜楽庵には、セッション時間までゆったりと待つことのできる部屋があります。
ダークブラウンのパイン無垢材の床、石川自ら心をこめて塗った珪藻土の壁、そして金色の天井の、落ち着いた部屋です。箱庭療法のセット(人形等のアイテム1000個以上)もここにあります。

Ganesha

  法喜楽庵には、大きなガネーシャ像が鎮座しています。
ガネーシャは、守護する神、障害を取り除く神、学問の神、智慧の神として、インドや東アジア諸国で幅広く親しまれている神様です(日本では聖天様あるいは歓喜天とされています)。
 
尚、法喜楽庵は、いかなる特定の宗教団体とも無関係です。セラピストは、いかなる特定の宗教団体にも所属しておりません。しかし、さまざな宗教の存在意義を認め、さまざまな神仏の恩恵に感謝しております。とりわけ、ゴータマ・ブッダ(お釈迦様)のもともとの教え(初期仏教)は、人間の苦しみの根を絶つ、もっとも優れた真理であり方法論であると認識しています。もちろん、来談者の方々それぞれの信心を尊重いたします。
 
 

ワークショップ情報

1日瞑想会情報 

2018年4月15日(日)
2018520日(日)
2018617日(日)
2018722日(日)
2018年8月26日(日)
2018930日(日)
 時間:11:00-16:30頃(毎回)
会場:相模女子大学831教室
詳細はこちら(予約受付中)
 

リトリート&山巡礼情報

春の4days瞑想リトリート
2018年53日(祝)~6日(日)
詳細はこちら(予約受付中)
 

その他の講座情報

2018年7月19日(木)、8月23日(木)、9月20日(木)、10月18日(木)「心理療法に瞑想とダンマを導入する:スピリット・センタード・セラピーの試み」(ホリスティックヘルス情報室連続講座)
 *タイトルをクリックすると詳細がみられます。(予約受付中)