瞑想法について

 
ざわついた心、後悔にとらわれた心、沈んだ心、重たい心、悲しみの心、不安や恐怖の心、傷ついた心、怒りの心、嫉妬の心、執着の心、疑いの心、・・・・どれも苦しいですね。

テクノロジーの発展によって、
物理的環境はコントロールできることが多くなりました。
しかし、自分の心は、リモコンのボタンで操作することはできません。
心は、自分自身で調える(ととのえる)しかないのです。
心を調えない限り、私たちは苦しみから逃れることができません。
心を調える最高のテクノロジーが瞑想です。
ただし、瞑想の効果を十分に出すためには、
瞑想法についてよく理解し、忍耐強く実践することが必要になります。
努力をして正しい瞑想の実践を続ければ、
心が静かになり、
心が平和になり、
心の汚れが落とされていき、
心が豊かになっていくことを実感することができるでしょう。
 
正しい方法で瞑想を続けると、
やがてとても心地のよい意識を体験することができます。
ただ座っているだけで、
ただ息をしているだけで、
ただ観ているだけで、
心が深く満たされてきます。
瞑想は不思議な体験ではありません。
瞑想は私たちの内面的な平和を取り戻すための伝統的な智慧です。
瞑想による意識状態は、
心と体を芯からから深く休ませ、
癒し、成長するのに役立ちます。
瞑想を繰り返せば繰り返すほど、
瞑想の意識と体験はますます深まってゆくでしょう。
瞑想法を身につけて心身を休ませ、浄化し、自分自身を取り戻し、
揺るぎない内面の平和を体験してみましょう。
無上の至福の意識を体験できるかもしれません。
 
瞑想による喜びの体験は、ゴールではなく通過点です。
瞑想の体験は、
自らの心を清め、
物事のありのままを理解する智惠を見につける基礎になり、
究極の安らぎ(悟り)へとつながるのです。
 

瞑想法の実習について

 
瞑想の基本的な意味とやり方について、
初めての方でもよくわかるように解説し、実習していきます。
瞑想そのものは宗教ではないので、神や教義への信仰は必要ありません。
西洋諸国では、さまざまな宗教の信者や無神論者も瞑想をしています。
心身を深いところからゆっくり休ませ、
はじめはリフレッシュするつもりで体験してみるのでもよいと思います。
瞑想が出来てきたら、次のステップに進んでいきます。
 

瞑想は心身の深い休息・浄化・成長の時間

 
瞑想をすると、どんな体験ができるのでしょうか。瞑想の体験は、ひとそれぞれですし、同じ人でも、瞑想をするたびごとに違う体験をしますので、一概にはいえません。しかし、瞑想によって、多くの人は、次のような肯定的体験をするでしょう。
 
 ・心と身体がリラックスする
 ・深い休息を味わい疲れがとれる
 ・心地よく満たされた気分になる
 ・絶え間ない思考や感情の波から解放される
   ・緊張、不安、恐怖から解放され、落ち着く
 ・抱えている問題と距離をとりやすくなる
 ・とらわれから解放されやすくなる
 ・リフレッシュされて爽快になる
 ・深い静寂の中で心地よく漂う
 ・心地よく周囲と溶け合う感覚を味わう
 ・感覚が細やかになり気づきが深まる
 ・集中力が高まる
 ・深い洞察をえる
 ・心が平安になる
 
このほかにも、実にさまざまな体験をすることがありますが、それは実践してからのお楽しみです。実際には、瞑想をすることによってかえって疲れが出たり、身体が痛くなったり、懐疑的な考えや、怒りや悲しい感情がこみ上げてくることがあります。しかし、これも瞑想の重要な効果ですので、安心して続けることが大切です。自分の中にあるネガティブなものが浮上してくるのは、瞑想がうまくいっている証拠です。正しく瞑想を続けていれば、これらはやがて去っていく、あるいは自分自身に影響を与えるものではないことを体験するでしょう。

 
Copyright (C) 2009- ISHIKAWA Yuidhi. All Rights Reserved.

ワークショップ情報

1日瞑想会情報 

2019年1月27日(日)
2019年2月24日(日)
 時間:11:00-16:30頃(毎回)
会場:相模女子大学831教室
詳細はこちら(予約受付中)

リトリート&山巡礼情報

ゴールデンウィーク6days
出入息随念16stepsで心の大掃除
2019年4月28日~5月3日
詳細はこちら
(予約受付中) 

その他の情報

2019年1月30日(水)瞑想講座 (三島市生涯学習センター)
2019年3月21日(祝)瞑想講座 (SBS学苑パルシェ校:静岡市)
2019年1月27日(日)7:00~7:30(日テレ、Hulu)所さんの目がテン!(テーマ:「修行体験」の科学)にコメント出演