Dhamma Pīti Sukha An

こちらは「法喜楽庵」のホームページです。
カウンセリング、瞑想、山巡礼、ヒーリング等の個人セッションやワークショップを行ってます。
心身を癒し、整え、生きる道を見出し、ダンマ(真理・法)を学び発見するお手伝いをさせていただいています。

法喜楽庵/法喜楽堂のご案内

 法喜楽庵(旧「アートマンの館」)は、東京都町田市にあるカウンセリング、瞑想等のセッションルームです(上の写真左)。
 法喜楽堂は、山梨県の山中湖村にある、瞑想や山巡礼の道場です(上の写真右は道場からの眺望)。
 法喜楽庵/堂は、心や身体の問題に悩み、苦しみ、疲れ、不調のある方や、人生に悩み、その解決法・改善法や、納得のいく正しい生き方を求め、自己自身と真剣に向き合おうとする方、霊性や法(真理dhamma)について学び研鑽したいと感じておられる方々のための場所です。尚、当所はいかなる宗教団体とも無関係です。
 個人に向けたカウンセリング(対話心理療法)、瞑想指導、ヒーリングのほか、瞑想会、リトリート(瞑想合宿)、山巡礼、等のワークショップや講座を行っています。
 

苦しいときこそチャンス

 苦しいときこそ、ある意味では大きなチャンスです。そんなときこそ、自分の生き方を謙虚に見つめ直し、新たな生き方へと脱皮し、成長する好機だからです。
 今おかれた状況をよく観察し、問題と正面から向き合うことが、苦しみを終わらせ、自分に合った生き方を発見することにつながります。
 カウンセリングは、一人ではどうにもならないとき、他人の支えや他の見方・考え方を必要としているときに役に立つ一つの方法です。苦しいときに、自分自身でなんとかしようと努力することも大切ですが、他人に助けを求めることも、よい選択肢のひとつです。
 周囲の人に相談できればよいですが、適切な人がいなかったり、なかなか理解されがたい問題の場合には、自分にあった専門家に出会えると、助けになることがあります。
 法喜楽庵では、苦しみや悩みを少しでも軽減し、問題をチャンスとして生かせるようお手伝いさせていただいております。
 

一期一会でお会いします

 私(セラピスト、石川勇一と申します)は、(精神科/心療内科の)病院等を含めて20年以上の臨床経験をもつ臨床心理士です。相談室を開設して14年になります。
 かつて心理学専攻の大学と大学院を卒業し、心理学関連の諸学会に所属し、研究と探求をして参りました(詳しくはセラピスト紹介のページ参照)が、人間の苦しみを援助するためには、心の学問だけでは不十分であると感じ、身体や霊性の学びも積み重ねてきました。机上の学問だけでは理解が難しいこともたくさんあるため、さまざまな代替療法(ヒーリングやボディワークなど)、修行(瞑想、修験道、シャーマニズムなど)、霊性の探求(仏教とくに初期仏教、トランスパーソナル心理学など)を継続的に行っています。
 私は、長所と短所の両面をもつひとりの人間として、来談された方と一期一会の精神でお会いさせていただいております。セッションは、原則として一回一回で終結し、もしご希望があれば、次回また新たにお会いするという形式です。
 カウンセリングやヒーリング等はとても有効なサポートですが、知識や技術だけで癒されるとは限らず、万能でもありません。人はそれぞれ皆異なる人格、身体、気根、経験、歴史、業を背負っていますから、マニュアル的にではなく、臨機応変に応対いたします。優しく接する場合もあれば、中立的なときもあれば、時には厳しい助言をさせていただく場合もございます。皆様とお会いすることが、よい契機になり、よい変容がおきることを念じております。
 

法に目覚めて喜び、楽になる道(法喜楽の道)

 全国から御来談いただきながら、私も多くのことを日々学ばせていただいております。相談にいらした方が、新たな気づきや展望を得て、道を見いだし、心身が軽くなり、喜びを感じ、楽になることは、私の喜びでもあります。
 法とは、パーリ語でいうダンマ(dhamma)、サンスクリット語でいうダルマ(dharma)のことであり、いずれも「真理」を意味します。
 カウンセリングでは、それぞれが自己の生きる道や真理を見つけていただけるよう援助いたします。腑に落ちる生き方がわかり、それを実践できると、人は苦しみに立ち向かいながらも、これでよいのだという内面の安心感や、喜びも感じられでしょう。(詳しくは拙著『スピリット・センタード・セラピー』参照)
 より本格的に探求するためには、時代や文化によって変化しない普遍的な真理(勝義諦paramattha dhamma)を知り、瞑想などによって自ら確認し、「なるほどそうか」と理解をひとつずつ深めていくことが必要になります。そうすると、喜(Pīti)や楽(Sukha)を体験できるでしょう。さらに修業を続けると、平安、智惠、慈悲が養われ、貪り・怒り・無智という煩悩を減弱させ、最終的には煩悩を根絶させ、涅槃に至るとされる道です。
 そのためのプログラムとして、法喜楽庵/法喜楽堂では、個人セッションの他に、瞑想会や瞑想リトリートなどを開き、みなで励まし合いながら研鑽する会を開いておりますので、ご関心のある方は、ご参加をおまちしております。 
 

法喜楽庵と法喜楽堂の環境

 法喜楽庵は、JR町田駅から徒歩7分の便利な場所にありながら、室内はやわらかい無垢材の床や、珪藻土の壁、モミの古木やエゴの曲木などに囲まれ、自然の暖かさとぬくもりの溢れる居心地のよい環境になっております。清浄なエネルギー空間に保たれています(こちらのページ)。
 山中湖村にある富士山を間近に臨む法喜楽堂では、泊まりがけで行う瞑想リトリートなどを行っております。個人セッション等を法喜楽堂で行う場合もあります。

道場から臨む朝の富士山

 

 
 
 

個人セッションの充実

 

 個人セッションの施術メニューは、カウンセリング(各種心理療法、スピリット・センタード・セラピー)や瞑想法を中心に、ヒーリング、臨床動作法、箱庭療法等も選択できます。
 

カウンセリングからソマティック心理療法まで

 根深い感情的問題からスピリチュアルな成長まで

 身体から心へ働きかけるアプローチ(ソマテックス)もいろいろあります。身体と心は密接につながっていますので、身体を適切に整えると、心も自然と整うのです。
 臨床動作法、ヒーリング、ケイシー・オイル・ヒーリング、タイ・マッサージなどの方法は、いずれも大きなリラクセーション効果がありますし、それだけにとどまりません。
 身体に働きかけることは、内なる子ども(インナー・チャイルド)を癒やすことや、根深い感情的な問題(トラウマ、嗜癖行動[依存症]、自傷行為、解離、愛情飢餓感、孤独感、深い部分の疲れ、倦怠感、怒り、悲しみ、絶望感、虚無感、など)の改善につながることがあります。最新の神経生理学では、深い情緒的問題は、言葉による治療よりも、身体に働きかける方が有効であるという証拠を発見しつつあります。頭(大脳新皮質、海馬)からだけではなく、身体(ハート、腹、大脳辺縁系、扁桃体、そしてサトル・ボディ=エネルギー・ボディ)にアプローチし、深いところから変容を起こすのです。
 サトル・ボディ=エネルギーボディをヒーリングすると、身心を浄化・活性化し、滞りを解消し、意識の連絡がスムーズになっていきます。
 また、瞑想法は心を整え、鎮め、霊性の成長に欠かせないもっとも重要なワークです。習得は必ずしも容易ではありませんが、忍耐強く持続的に実践することにより、苦しみの原因である煩悩を自覚して浄化し、深層意識を癒やし、智慧の目覚めが期待できるでしょう。瞑想を身につけることは、心を成長させ、自覚を深め、地に足の着いた人生をしっかりと生きるための最善の方法です。
 

ワークショップによる身心浄化と意識向上

 
 一日瞑想会や瞑想リトリート(集中合宿)、山巡礼(with法螺貝)、滝行(夏期)、ヒーリングその他ワークショップも随時開催しております。身心の癒しと学びの場としてご利用下さい。
 
 皆様の心身の癒しの場、気づきの場、成長の場、あるがままの自分と向き合い自己を回復する場、法(ダンマ、ブッダの直説、勝義諦[普遍的な真理])を学ぶ場として、法喜楽庵/法喜楽堂をご利用ください。
 
 お会いできますことを心より楽しみにお待ちしております。
 

代表 石川勇一

Sunrise in Myanmar

  • HOME

履歴

  • 2015年12月 「法喜楽庵」に改称。URL http://houkiraku.com/ に変更。
  • 2013年8月 山中湖村に瞑想道場開設(「法喜楽堂」と命名)
  • 2011年9月 TFT催眠療法は原則として終了
  • 2011年5月 「アートマンの館」に改称。URL http://yakata.me/ に変更
  • 2009年8月 町田市へ移転。「アートマンヒーリングルーム」と改称。
  • 2003年8月 石川心理相談室(横浜市南区)設立

ワークショップ情報

1日瞑想会情報 

2016年9月18日(日)
2016年10月16日(日)
2016年12月18日(日)
2017年1月22日(日)
2017年3月5日(日)
時間:11:00-16:30頃(毎回)
会場:相模女子大学831教室
詳細はこちら(予約受付中)
 

リトリート&山巡礼情報

2017年3月17日(金)~20日(祝)
会場:法喜楽堂(山中湖村)
詳細はこちら(予約受付中)
 

シンポジウム情報

2016.11.20

講座情報(SBS学苑)

2016.10.31静岡校
「悟りの臨床心理学」
チラシはこちら

学会情報(一般参加可)


2016.11.26-27@相模女子大学
チラシ裏面
詳細はこちら

お知らせ

好評発売中。